‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

442    あれから10年

2021年3月2日 火曜日

2011年3月11日に起きた東日本大震災。大津波と原発事故で、文字通り東日本全体が恐怖に慄いた。それは、都市直下型で火災が中心の阪神淡路大震災から16年も経っていなかった。それから10年も経たないうちに、今度は、世界を震撼させているパンデミック(COVID-19)の中で、日本中が不安に陥っている。私も、今年こそは久しぶりに石巻に行って10年目の慰霊祭に出席したいと思っていたが、今まさに変異ウイルスの台頭が心配される中で、ご迷惑をかけてはいけないと中止した。

どうして、私たちは、短い一生の中で、何度もこれほどの大惨事に遭遇するのだろう。まさに、「起きてほしくないと思っていることは、必ず起きる」。岩手県陸前高田市にある「津波伝承館」は、「かもめの玉子」の製造発売元である、さいとう製菓の工場敷地の中にある。震災発生時に副社長だった齊藤さんが、避難するときに撮影したビデオ映像を投影しながら、齊藤さん自ら解説をする。大船渡湾を急襲する津波の凄さもさることながら、私が一番驚いたのは、多くの人々が津波をそれほど恐れていなかったことである。

齊藤さんが、私財を投じて作られた、この「津波伝承館」は、津波の本当の怖さを次の世代に伝えたいという思いからだった。一番印象的だった映像は、ちょっとした小高い場所から津波を眺めている若いカップルの姿だった。齊藤さんが、山の上から大声を出して「上がって来い」という指示に対して、二人とも笑顔で振り返りながら眺め続けている。この後、この若い二人は津波に飲まれて亡くなったそうである。歴史の目撃者として津波を眺め続けていたかった気持ちをわからないでもないが、彼らは津波を本当に怖いと感じなかったのだ。

「釜石の奇跡」を起こした東大教授で日本災害学会会長の片田敏孝先生の講演を聞いた時に、子供たちの素直さにゾクゾクするほど感動するとともに、大人たちの怠慢さには怒りさえ覚えた。当時、群馬大学教授だった片田先生は、釜石市の大人たちを対象として津波に対する防災意識を浸透させるつもりで何年も努力されたが、一向に関心が得られなかった。それで、釜石市の教育委員会に働きかけて釜石市の小中学校の生徒を対象に8年間も啓蒙活動を続けられた。それが「津波てんでんこ」で、「津波が起きたら、まず、自分だけは高いところへ逃げろ」という考え方である。その結果、大人には多くの犠牲者が出たにも関わらず、当日、病気で休んでいた子供一人を除いて、釜石市の全ての小中学校の生徒が助かった。

同じような話が、ニューオリンズを襲ったハリケーン「カトリーナ」でも起きている。犠牲者の多くが老人だったが、彼らは逃げられなかったのではなく、逃げなかったのだ。多くの老人が「一緒に逃げよう」という家族からの誘いも断った理由は、「自分が生きてきた長い人生の間で、そんなことは一度もなかったので、逃げる必要はない」ということだった。彼らが、起きて欲しくない、起きるはずがないと思っていることは、実際には起きるのだ。

一方で、多くの犠牲者を出した石巻市の大川小学校に行って驚いた。北上川の河畔に立つ大川小学校は、とてもモダンな作りで、ここに通っていた小学生たちがおくった毎日の楽しい学校生活が偲ばれる。しかし、この小学校の校庭は数十メートルの高さを有する小山に隣接しているのだ。津波が襲って来るという情報を得て、すぐさま、この裏山に子供たちを登らせれば、間違いなく全員助かったはずである。しかし、先生方は、突然のことに思考回路を失ってしまったのだろうか、目の前の北上川に架かる長い橋を渡って向こう岸に行くことを目指して生徒たちを引率した。

その結果、生徒たちは、この長い橋を渡り切る前に津波に襲われて命を落としたのだ。石巻は大昔から、何度も津波の被害には遭っている。私の曽祖母、祖母とも、この石巻で生まれ育って、東京に出てきている。それで、私は小さい時から、三陸地方を襲った大津波の話を、この二人から何度も聞いている。その石巻で、津波が来たら、この大川小学校では、どういう行動を取るべきか事前に何も決めていなかったとすれば、大川小学校の先生方だけでなく石巻市教育委員会を含めた市の行政全般に関して問われることになるだろう。

さて、この東日本大震災から10年経った。大震災とは全く性質が異なるものの、COVID-19が起こしたパンデミックにおいて、この大震災で得た教訓を私たちは活かせたのだろうか。つまり、「起きて欲しくないと思ったことは必ず起きる」という教訓である。私は、このところ、トランプ大統領側近達の回顧録なるものを何冊か読んでいる。その中で、2020年1月4日のトランプ大統領は電話で習近平総書記にCOVID-19について尋ねている。習近平総書記は、具体的なことは何も答えていないが、2020年1月10日に、中国はCOVID-19の全ゲノム情報をアメリカに送っていた。ファイザーやモデルナを始めとするアメリカの製薬メーカーは、その翌日の1月11日にはCOVID-19 RNAワクチンの開発を始めている。

その当時の日本の状況を思い出してみよう。多分、武漢を含めた中国全土からの春節をめぐる大量の観光客を迎えて、日本中がインバウンド景気に沸いていた。まさか、武漢で発生したCOVID-19が世界を蔓延させるパンデミックを起こすだろうなどと誰も考えていなかっただろう。ここで思い出すのが、インテルを世界最大の半導体メーカーに押し上げたアンディ・グローブの著書「パラノイアだけが生き残る」である。パラノイアとは「極度に病的な心配性」という意味である。

「会社の経営者や国の指導者は、パラノイアでないと生き残れない」とグローブは、この本の中で言っている。今日は、3月2日。これから、緊急事態宣言を解除するかどうかの3月7日を迎える。首都圏では感染者の減少が止まり続けている。神戸では感染者の15%が変異ウイルスだともいう。WHOは本日、世界は感染拡大に反転したとの声明を出した。まさに「起きて欲しくないと思ったことは必ず起きる」という前提に立てば、日本でも第四波の兆しが見えてきているとも言える。私は、今や、外出する時は、必ず二重マスクにするなど従来以上に警戒を強めている。

441   関澤さんとの思い出

2021年2月1日 月曜日

富士通の社長、会長を務められた関澤 義氏(以降 関澤さんと呼ばせて頂きます)が1月20日に89歳で亡くなられた。心からご冥福をお祈り申し上げます。関澤さんは、昭和29年、私が小学校1年生の時に富士通(当時の富士通信機製造株式会社)に入社され、私とは16歳も違う。従って、上司と部下の関係になったことは一度もない雲の上の方であり、同じ大学の同じ学科卒業の先輩、後輩という以外に、個人的には何の関わりもない。

だから、思い出と言っても、ちょっとした機会に立ち話をする程度の断片的なものの積み重ねでしかない。それでも、その考え方には、いつも感銘を受けるだけの深みがあった。関澤さんは、大学を卒業後、富士通の通信事業部門に入られて交換機のエンジニアとして会社生活をスタートされた。関澤さんが、ある時、私に「富士通の通信部門には、伝送、交換、無線と3つの事業があるんだけど、昔から伝送一流、交換二流、無線は三流と言われててね。交換は、ずっと冷や飯を食わされてきたんだよ」と言われた。

コンピューター部門で働いていた私には何のことだか、さっぱりわからなかったが、後になって、同期で入社した伝送部門のTOPだった大槻さんが交換部門のTOPだった関澤さんより1年早く取締役になられたことが、どうも無念だったらしいということがわかった。そこまで負けず嫌いの関澤さんだが、社長に就任された後は、通信部門で長年のライバルだった大槻さんに副社長としてコンピューター製品部門を全て一任されたのは何とも清々しい。

私と関澤さんの初めての出会いは、私が入社してすぐのことだった。関澤さんは、事業部門から富士通研究所に移られた。武蔵中原にあった富士通研究所は電電公社の通信技術の研究部門である武蔵野通研と深い関係にあり、富士通研究所の社長も代々電電公社からの天下りだったことから「中原通研」と呼ばれていた。研究所における関澤さんの主たる役割は、光通信技術の開発だったが、兼務として富士通研究所で初めて設立されたコンピュータ関連の研究部門である電子研究部も掌管されることになった。

何しろ、当時IBMを必死に追いかけているコンピューター部門としては、研究所と付き合っている暇などないという感じで、研究所はとりつく暇もなかった。そこで、研究所は文字認識を中心としたパターン認識の研究を電子研究部の最初のテーマに決めた。その当時、私は文字認識装置(OCR)の開発に従事していたので、恐れながら、まだ新入社員に毛が生えたレベルにも関わらず、関澤さんにパターン認識の講義をすることになった。関澤さんは、そんな生意気な社員の言うことに、逐一、丁寧に頷かれていたことが今でも印象に残っている。

当時、研究所の中では、関澤さんは近い将来、研究所の社長になられるのではないかと噂されていた。富士通研究所で初めての生え抜きの社長誕生に対する研究員の期待は大きかったのかも知れない。しかし、そうした研究員の期待とは裏腹に関澤さんは交換機事業本部に復帰される。その当時、交換機はリレー式からトランジスタを用いた電子交換機に変貌しつつあった。電子交換機は構造的にもコンピューターと同じである。関澤さんは、その交換機のソフトウエア事業部長に就任された。この辺から、コンピューター部門のソフトウエア事業部長を経験された後に社長に就任した山本卓眞さんは、関澤さんを将来の社長候補として考えていたのかも知れない。

入社3年目で結婚した私は、ベビーブーム世代だったため住む家がなかなか見つからず、田園都市線青葉台にある会社の新婚者向け借り上げ社宅のお世話になった。毎朝、田園都市線の青葉台駅から溝の口駅まで行き、溝の口駅で南武線に乗り換えて武蔵中原駅まで通っていた。その青葉台駅で、しばしば関澤さんにお会いして、仕事とは関係ない無駄話までする仲になった。関澤さんの年代でも家探しには結構苦労されたらしい。それで、当時の富士通は社員のために土地分譲まで行っていたようだ。

富士通が土地分譲を行った溝の口駅から近い菅生地区には、今でも関澤さんと年代が近い多くの方々が住んでいる。関澤さんは、私に「皆と一緒に近くに住むのが嫌でね、青葉台に家を建てたんだ。でも、その分、大変な苦労したんだよ。当時、田園都市線は溝の口駅止まりでね。長津田駅から246号線で溝の口駅まで行くバスで毎日通ったんだよ。これは、やはり失敗したかなと思ったね。」何とも、そんなに苦労してまでも群れることが嫌いな関澤さんらしいなと思った。

関澤さんと一緒に仕事をしたことは一度もないが、一緒に行動したことは一度だけある。東大電気電子工学科卒業生のリクルートである。関澤さんが団長で、私たち新入社員が手下となって、学科の学生を呼び込み、本郷赤門近くの梅寿司に四十人くらいの学生を集めてご馳走して入社を説得した。当時は、クレジットカードなどないので、人事部から大枚の現金を預かって結構派手な宴会を催したのだが、成果は今ひとつだった。しかし、たった一人だけ途轍もなく優秀な社員の採用には成功した。その学生が、後々、私が専務、副社長時代にスピーチライターとして、お世話になる磯村さんだった。

関澤さんが社長に就任して、まもなく、たまたま廊下でお会いしたので、「社長、ご就任おめでとうございます」と挨拶したら、関澤さんが立ち止まって私に仰った「伊東くんさ、この会社には5万人の社員がいるんだよ(当時は5万人だった)。こんなに大きな船の舵なんて簡単には切れないよ。5万人が、皆、それぞれ違うことを考えているんだからさ」。相変わらず、冷静で、ニヒルな社長である。それでも、これまでプロダクト中心だった会社をソフトウエア・サービス企業への転換を必死になって進められた。

そして、関澤さんは、相当なパソコンオタクで、かつて、富士通が世界に誇るマルチメディアパソコンFM-TOWNSの開発は関澤社長直轄プロジェクトとしてスタートしたらしい。そんなことも知らないで、私はパターン認識の研究開発業務から、FM-TOWNSの開発部長に任命された。世界初のCD-ROM搭載、音声や画像を自由に扱うことができるマルチメディアパソコンは世界中で評価された。そして、世界中、どこへ行っても「このパソコンがIBM-PC互換仕様で出来ていたら世界を制覇できたのに本当に残念だね」と言われた。しかし、それは、仕方がなかった。富士通はメインフレームにおいてIBMとの長い係争を経験していたので、パソコンの開発においては、あらゆる点でIBM-PCと仕様を異なるものにせざるを得なかったからだ。きっと、関澤さんも、もう少しだったのにと残念だったと思われたことだろう。

その後、関澤さんが進められようとした改革に「成果主義」がある。関澤さんは、グローバルには当たり前の会社経営のあり方が、当時の日本で、これほど世間から非難されることになろうとは想像だにされなかっただろう。関澤さんが、社長を退任されると同時に、私は、アメリカへ子会社のCEOとして赴任した。アメリカでは、学歴、性別、年齢に関係なく、全て仕事の「成果」で評価する。3年間で大赤字から脱却した会社の社員構成はマイノリティーと女性が中心となって活躍する会社となっていた。純粋に能力本位で採用し、仕事の成果で評価したら、たまたま、そうなっただけで、最初から、そういう社員構成を目指していたわけではない。ひょっとすると、関澤さんが、目指していた会社とは、そんな会社だったのかも知れない。

そして、東日本大震災が起きた2011年以降、私は、福島県立会津大学復興支援センターのアドバイザリーボードに就任した。今年も継続して任命されているので、かれこれ10年も続けさせて頂いていることになる。会津大学は日本で唯一の公立のIT専門大学で、教授陣は世界中から集められ、大学院の授業は全て英語で行われている。そして、この会津大学復興支援センターはITの力で震災復興に貢献する目的で設立され、これまで数多くの成果を出している。

さて、この会津大学も、どうやら関澤さんが深く関係しているらしいことが後でわかった。色々な方から伺うと、関澤さんは会津大学の設立に多大な尽力をされたらしい。関澤さんのお祖父さんは会津藩の高官で会津戦争に負けた後に青森の斗南藩へ移封された。今も、お祖父さんのお墓は、青森市の三内丸山遺跡に隣接する丸山霊園にある。同じく、この会津で白虎隊兵士だった山川健次郎は、この斗南藩から米国に留学して東京帝国大学総長に二度選ばれ、九州帝国大学の初代総長にも就任している。

山川健次郎は、会津藩が滅びた原因の一つに、藩における理系教育の欠如があったとの反省を踏まえて自らも物理学を専攻し、明治政府に対しても事実に基づく現実主義の政治を訴えたという。今でも、東大安田講堂の裏には山川総長の石碑があるが、関澤さんの生き方の中には、この山川健次郎の生き様が反映されているようにも見える。それで、自分のルーツである会津に日本一のIT専門大学を作りたいという志があったのだろう。今後とも、会津大学のアドバイザーとして、関澤さんのご遺志に少しでも貢献できればと考えている。

440    今年の年賀状について

2021年1月8日 金曜日

8年前にリタイアした直後の年賀状は500枚ほど出していたが、今年は200枚までに減った。私は、もともと年賀状は「生存確認」のつもりで、「私は、まだ生きていますよ」という意思表示として出していて、私の方が賀状を頂くと「元気に生きておられるのだ」と安心する。賀状の枚数は大幅に減ったが、その中身とバラエティはむしろ増している。特にリタイアした後に知り合った友人の中で賀状を交換させて頂いている方々は、高校・大学以来の長年の友人や40年勤めた会社仲間に匹敵するほど濃い関係にある。

それでも、最近は、「賀状を出すのは今年限りとさせて頂きます」というメッセージが書かれている賀状を頂くケースも少なくない。特に、ご自身の健康を損なっておられるなど、それぞれの事情があれば致し方ない。現実に、毎年賀状をくれていた大学時代の友人で一昨年手術した咽頭がんが、昨年再発された方からは、今年の賀状は来なかった。昨秋は、手術前に録音したご自身の声で音声合成されたメッセージを卒業50周年文集に登録されていたほど元気だったのだが、今、どんな状況にあるのか少し心配である。

また元の会社で一緒だった女性の同僚も、毎年賀状を下さっていたのに、今年の賀状は来なかった。昨年12月中旬、誕生日のお祝いメッセージを出したら、お姑さんが末期の膵臓がんで、このコロナ禍の中で入院も出来ず、テレワークの傍ら自宅で介護されていて、このまま自宅で看取りをしたいとの返事を頂いた。年末までに、いつ召されるかわからない中で、毎日介護に追われている中では、年賀状を書くに気にもならないだろう。

一方で、昨年リンパ腫を再発し、治療を続けながら経団連会長という重職を担っておられる中西宏明さんからは、今年も手書きのコメントを付した丁寧な年賀状を頂いた。大変な状況でありながら、「そんなに頑張らなくていいよ」と言ってあげたいくらいだ。中西さんは日本の経済界でデジタル時代をリードする立場にありながら、アナログの重要性をしっかりと認識されている。今、アメリカではデジタルCDが全く売れなくなった代わりに、針で再生するアナログの円盤レコードが売れまくっている。年賀状は、まさに古き良きアナログ時代の郷愁になっている。

私の妻は、今年ほど毎日年賀状が配達されるのを待っている時はなかった。どの賀状にも、何がしかコロナに関わることが書かれていて、それを読むと、こちらも身につまされる気持ちになる。「コロナ禍が終息したら、またお会いしたいですね」という文章を読んで単なる儀礼的な言葉には受け取れないからだ。本当に会いたい。ヒトは、会えない時ほど一層会いたいものだ。珍しく、妻は、私に来た年賀状も含めて、今年は何度も何度も読み返していた。

これまでは賀状に家族全員の写真など入っていると、少し鬱陶しいところもあったが、今年は全く違う。思わず、写真に写っている一人一人に見入ってしまう。滅多に人に会えない暮らしをしているからだろうか。何とも懐かしい気持ちになってくる。そして、皆、無事に過ごしている様に「良かったね」と安心する。本当は、今年こそ、全ての年賀状に家族写真を掲載して欲しいくらいだ。人に会えないからこそ、人恋しくなるものだ。

海外に住んでいる友人からは、二人の娘さんと、そのお相手とお孫さんも含めた一族全員が写っている年賀状をメールで頂いた。これも本当に頂いて嬉しかった。二人の娘さんは、アメリカ人と結婚。「大体、結婚相手を見つけることだけでも大変なのにアメリカで日本人の結婚相手を見つけるなんて至難のこと」と友人も言っていたが、まさに、その通りだと思う。ニューヨ-クに住んでいた建築家の長女は昨年出産をされたが、ニューヨ-クの感染爆発に嫌気がさして、一家で両親が住むシリコンバレーに引っ越してきたらしい。

そのカルフォルニアで、今や全米で最も激しい感染爆発が起きている。CNNでも報じていたが、カルフォルニアには既に、昨年の9月に英国由来の変異ウイルスが入ってきていたらしい。何しろ、これまで全米で流行していたCOVID-19とは比較にならない程の感染力とのこと。それでも、家族全員が笑顔なのは何とも嬉しい。きっと、一族で近くに住んでいるという安心感なのだろう。さて、今の日本で起きている感染爆発は、どうもこれまでと勢いが全然違う。日本国民の皆が、突然、気が緩んだとは思えない。ひょっとして、日本でも英国由来の変異ウイルスが流行しているのではないかと思ってしまう。

そして、今年の年賀状の、もう一つの特徴は、都会から田舎への転居である。私が住んでいる横浜市青葉区あざみ野の近所に住んでいた元の会社の同僚が、リタイアを契機に、故郷である長野県に居を写したという年賀状だった。若干年の差はあるが、若い時に会社の終業後の英語教室に一緒に通い、アメリカ勤務の時は、私がシリコンバレーで販売業務、彼はオレゴンで工場勤務だった。このコロナ禍では都会で窮屈な生活を送るより田舎でのんびりと本当の意味での豊かな生活を送るべきだと考えたのだろう。それも、オレゴンで暮らした経験から得た生活の知恵かもしれない。

昨年は、殆どコロナ禍で過ごした1年だった。それぞれの年賀状は、その1年を見事に転写している。それぞれの人生、皆が懸命に生きている。そして、それは、今年も、まだ続いている。来年の年賀状で、「大変だったね。でも、終わって良かったね」と書けるように、注意深く、丁寧に毎日を暮らそうと思う。