405   アメリカの深刻な分断

2019年1月10日

私は、今から20年前、カルフォルニア州シリコンバレーに3年間住み、その後20年間、毎年、シリコンバレーを頻繁に訪れている。昨年、9月にもサンフランシスコにも訪れ、多くのスタートアップが参加するコンベンション「Disrupt 2018 in SF」に参加した。Disruptは、破壊という意味で、既存の規制を破壊し、もっと暮らしやすい新しい世の中を創造しようという意味である。ここに出展している若い人達は、皆、一攫千金のアメリカン・ドリームを目指している。

そういえば、私が知っている「アメリカ」とは、アメリカでも一番豊かで、成長著しい「カルフォルニア」で、いわゆる「アメリカ」全体ではなかったと反省せざるを得ない。いわゆる、トランプ大統領の岩盤支持母体であるラストベルト(錆びついた地域)の住民の気持ちなど全くわかっていなかった。この人達の気持ちが判れば、トランプ大統領が、矢継ぎ早に打ち出してきた色々な政策、オバマケアの廃止、反移民政策、環境規制の撤廃などがもっと理解できるかも知れない。

この年末、年始に、私は、こうした疑問を明らかにしてくれる二冊の書籍に巡り合った。一つは「アメリカ経済 成長の終焉:ロバート・ゴードン著」で、もう一つは「アメリカの右派を覆う怒りと嘆き 壁の向こうの住人たち:A.R.ホックシールド著」である。特に、長らくシリコンバレーのU.C.バークレーで教鞭をとってきたホックシールド教授は、共和党の牙城であるルイジアナ州でトランプ大統領を熱狂的に支持しているティーパーティー派の人達を熱心に取材した。

まず、ノースウェスタン大学教授のゴードン教授が著している「アメリカ経済の成長の終焉」の中で、アメリカが唯一の超大国になった最大の原因は、2度の世界大戦だったという。アメリカの競争相手だった、ドイツ、英国、ロシアや日本の製造業インフラが戦火で灰燼に帰した。一方、アメリカだけは戦火から免れて、世界の需要を一手に引き受けることとなり、併せて、国民全体も豊かになって内需も拡大し、アメリカは無競争で世界一の製造業大国になったのだという。

もともと、戦費の捻出のために、富裕層に高い累進税率をかけたこともあり、アメリカは戦争によって貧富の格差が縮まり、白人の殆どが中間層に昇格した。曽祖父よりも祖父が、祖父よりも父が、確実に生活レベルを向上させ、ささやかながら、アメリカ市民全体にアメリカン・ドリームが浸透した。神を信じ、真面目に働けば生活は必ず向上する。アメリカは、そういう倫理観のもと、堅実な社会が形成されて行った。

ところが、第二次世界大戦後、欧州や日本の製造業が復活してくると、まず、賃金の競争で破れて、次に技術競争で遅れをとり、アメリカ経済は金融業を除いて、競争力を失った。こうした中で、アメリカ経済の成長の終焉は必然であり、特に、これまで恩恵を浴してきた、白人社会は大きな危機を迎えることになる。それが最も切羽詰まったのが、この度の米中貿易戦争であろう。

アメリカの成長が衰退する中で、唯一の例外が、移民や、その子孫たちが興した新興企業(GAFA)である。しかし、GAFAのような新興企業は大きな雇用を創出するわけでもなく、むしろアメリカ市民の貧富の格差を増長してきたとも言える。つまり、カルフォルニア州の経済発展は、アメリカの残りの州であるラストベルト地域の人達からの大きな恨みを買ってきたのかも知れないのだ。

そうした根源的な理由を確かめようと、ホックシールド女史は、U.Cバークレーからニューオリンズで有名なルイジアナ州へ調査に移り住んだ。ルイジアナ州は、テキサス湾岸に面した全米でも石油化学産業が最も盛んな地域であると同時に、全米で2番目に貧しい州でもある。大手石油化学企業は有害な廃棄物を好き放題に川や地下に廃棄したため、その影響から全米でも屈指のガン多発地帯である。それでも、ルイジアナ州のティーパーティー支持者たちは、連邦政府の環境規制庁を無くしてしまえと訴える。まさに、トランプ大統領と全く同じ主張である。

環境規制は石油化学企業のルイジアナ州への進出を阻害して、今でも高い失業率を、さらに高めると恐れている。彼らが支持する、州知事や上院議員、下院議員は揃って連邦政府の環境規制政策に反対する。ウミガメを守るより、雇用を守れというわけだ。しかし、石油化学産業は、プラント建設の時以外、定常時は、設備は殆ど自動で稼働するので、雇用は殆ど産まないのだ。プラント建設時ですら、フィリピンなど、外国人労働者が主体で行われる。しかし、多くのルイジアナ州の住民は高等教育を受けておらず、歪曲されたFOXニュースだけを信じているため、本質的な真実に気づくことはない。

どうして、アメリカのラストベルトでは、こうしたパラドックスがまかり通っているのだろうか? ホックシールド女史は、この現象を次のように見事に、わかりやすく解いている。

=========================

あなたたちは巡礼の途上のように、山の上に続く長い列に辛抱強く並んでいる。今立っているのは列のちょうど真ん中で、前後に並んでいるのも、あなた達と同じような、年配の白人で、敬虔なクリスチャン、殆どが男性。山頂を越えたところにアメリカン・ドリームがある。列の後ろの方にいる人の多くは有色人種だ。それでも、あなたは一生懸命働いて長い間待っているのに、列は殆ど動いていない。自分には、もう少し早く前に進める資格があると思っている。

日差しは熱く、列は動かない。むしろ、後ろ向きに動いているようにも思える。もう何年も昇給はないし、高校を、いや大学を出ていないものは過去20年で収入が激減している。あなたの同僚も同じ経験をしている。しかし、あなたは前向きな人なので、そうした悪いニュースを聞き流す。あなたは、誇るべきものについて考えている。キリスト教徒としての徳性も、その一つだ。

あれを見てくれ!前方で、列に割り込もうとしている人たちがいる。あなたはルールを守っているのに、彼らは守っていない。一体、彼らは誰だ。黒人も混じっている。連邦政府の差別撤廃措置のもとで、大学やカレッジ、職業訓練でも、自分たちより遥かに優遇されている。あなたが納めた税金が、あなたが同意していない、彼らのために湯水のように使われている。

それにオバマ大統領はどうだ? なぜ、彼はあんなに高い地位に上り詰めた。貧しいシングルマザーに育てられた混血の息子が世界最強の国の大統領になるなんて。そもそも、オバマは公明正大な方法であの地位を手に入れたのか?コロンビア大学の学費は、どのように手に入れたのか? ミシェル・オバマは市の水道局員の娘が、どうしてプリンストン大学の学費を工面したのか?

移民、特別なビザやグリーンカードを取得した、フィリピン人、メキシコ人、アラビア人、インド人、中国人もまた、いつの間にか、あなたの前の列に並んでいる。彼らこそが、少ない賃金で働き、白人のアメリカ人の給与を引き下げているのだ。黒人、女性、移民、難民。その全てが、いつの間にかあなたよりも前に並んでいる。しかし、この国を偉大にしたのは、あなたのような人々なのだ。あなたは不安を感じている。あなたの、その気持ちを代弁してくれるのはFOXニュースのコメンテータだけだ。もうFOXニュース以外のニュースは全てフェイクニュースだ。

列の前方に割り込むものがいるのは、誰かが手を貸しているに違いない。それはオバマ大統領だ。彼は、黒人、女性、移民を褒め称えている。フェアじゃない。それもそうだ。他でもない、オバマ大統領夫妻こそが列に割り込んだ人々だからだ。オバマの話は胡散臭い。彼は白人や男性や聖書を信じるキリスト教徒を軽視している。オバマはラマダンの時に腕時計を外したという。彼はコーランの教えに従って育てられたのだ。つまり、アメリカ人の上位10%を除いた、残りの90%の人々にとってみれば、アメリカン・ドリームマシンは止まったままなのだ。

「クレージー・レッドネック(頭のいかれた貧乏白人)」、「ホワイト・トラッシュ(白いゴミ野郎)」、「南部の聖書ばか」。そんな言葉を耳にするとあなたは自分のことを言われたと思う。特にハリウッド映画や人気TV番組は、あなたのような人を無視するか、主役にして、好意的とは言えない取り上げ方をする。だから、あなたは、FOXニュース以外は絶対見ないのだ。FOXニュースは、オバマがアメリカ生まれでないとか、イスラム教徒だとか、我々を力づけるような話をいくらでもしてくれる。

=====================================

なるほど、トランプ大統領を支持している岩盤層であるティーパーティーの人々の考え方にも、彼らなりの論理がある。それだけに、アメリカの分断は相当に深刻である。

 

404  IWC(国際捕鯨委員会)脱退について

2018年12月28日

12月26日、日本政府はIWC(国際捕鯨委員会)からの脱退を表明した。このことは世界中から驚愕を持って迎えられ、その後の日本国内メディアの論調を見ても、誰も支持していない点で一致しているのは、近年では珍しい。これまで6年間にわたり安部総理が命がけで努力を重ねてこられた「地球を俯瞰する外交」の成果が全て吹き飛んだ。自民党の中にも、国際派を自認する議員が沢山おられるのに、なぜ、このような愚行を許したのか、私には理解出来ない。

クジラを食べることは日本古来の食文化であるという主張は、私にも理解できる。実際、戦後の食糧難の中で、私達は鯨肉によって生きながらえてきた。しかし、今の日本は、イヌイットの人たちのように鯨を食べなければ生存が侵される事態に陥っているわけではない。そもそも「固有の食文化」には、どれだけの主張が許されるのだろうか? 一つの例として、隣国である韓国の犬を食べる食文化について考えてみたい。欧米人の間では、「犬を食べる」こと自体が話題にすることすら忌まわしいと考えられており、この「韓国の食文化」なるものが、どれだけ韓国と韓国人を貶めているか計り知れない。

ヨーロッパ人にとっての「犬」は、実は大恩人である。アフリカからヨーロッパ大陸に渡ってきた彼らの祖先は、1万年以上も前から犬と共同生活を行い、犬に狩猟を助けてもらっていた。彼らをヨーロッパの飢えと寒さから救ったのは犬だった。実際、犬との共同生活を行う習慣がなかったネアンデルタール人は、その飢えと寒さから絶滅したと言われている。もともと、犬の祖先であるオオカミは、人間を襲う習慣がなく、人間に対して親近感を持っていたと言われている。ローマの建国者がオオカミに育てられたと言い伝えられていることも、あながち無縁ではないだろう。

アフリカでは、つい最近までチンパンジーを含む猿を食べる、我々から見ると信じ難い食文化があった。彼らが、そこまで飢えていたのか知る由もないが、チンパンジーは森に住んでいるので、食べるものは、他にもあったような気がしないでもない。しかし、こうした猿を食べるという奇習で、結果として、彼らは、エイズ感染という大きな復讐を得ることになった。その結果、アフリカ大陸では、今でもエイズが猛威を振るっており、多くの命を奪っている。

欧米人は、クジラを食するという文化はなかったが、石油が発見される近年までの間、ランプの油を取るために、膨大な数のクジラを乱獲していた。この責任は重大であり、クジラを食する日本の食文化に対して、文句をつける方がおかしいという論調は、一見、正しいようにも見える。しかし、彼らはクジラに対する考え方が変わったのである。これは、クジラそのものより、同じ海洋哺乳類であるイルカを例にとって考えるとわかりやすい。

近年、イルカのIQはチンパンジーよりも高く、知力において人間に最も近い生物として意識されるようになった。日本では、イルカやクジラを魚の仲間として考えている点で、こうしたイルカの高い知能に関する意識が低い。昨年夏に江ノ島で開催されたヨットのプレ・オリンピックにおいて、競技者を接待するアトラクションとしてイルカショーを企画したら、大ブーイングで欧米の競技参加者からショー見学をボイコットされたという事実は、あまり大きく報道されなかった。

それでは、なぜ、イルカが人類の祖先に最も近いチンパンジーよりIQが高いのだろうか? それは体毛がないからだと言われている。皮膚は脳の原型であり、多数のセンサーと情報ネットワークが張り巡らされている。体毛がないと、その皮膚が、直接外界と接することができるので、知能が高度に発達するのではないかと言われている。人類とチンパンジーは、DNAでは、たった2%しか違わないが、体毛があると無いとでは大きく違う。イルカは、体毛がないことで、チンパンジーを超える知的能力を得たのであろう。

欧米人にとって、日本人がチンパンジーより知能が高いイルカを捕獲し食べることこそ、韓国人が犬を食べること以上に野蛮な行為だと考えている。クジラやシャチも、イルカと同じ海洋哺乳類であるが、あまりに大型で、イルカのように精密なIQ測定は行われていない。しかし、彼らの行動を観察していれば、多分、イルカと同様の高度な知能を有していることは容易に想像できる。IWC脱退を支持する人達は、IWCが「クジラ資源の保護と活用」よりも「クジラの捕獲禁止」を目指していると非難しているが、それは全く正しい。IWC加盟国の多くが、クジラを捕獲して食べることはダメだと言っている。

それでも、もともと肉食文化の欧米人が、コメを主食としてきた菜食主義の日本人に対して何を偉そうなことを言っているのかという反論もあるだろう。それは、尤もなことだが、最近、欧米ではビーガン(完全菜食主義者)の台頭が著しい。インドに多いベジタリアン(菜食主義者)とビーガンは、どこが違うのだろうか? ビーガンは動物の肉は食べないが、たんぱく質はきちんと摂るという点で大きく違う。大豆のような植物性たんぱく質をベースに人工肉を作って、今までと同じ食習慣を続けようというものである。彼らは、豆乳からヨーグルトまで作る。

このビーガンこそ、まさに、日本の寺院を原点とする精進料理である。日本には、こうした世界に誇れる先進的な食文化がある。日本の地域を活性化するための食文化としては、もっと、世界に愛されるものを選択すべきだろうと思う。

403   日立がABB の送配電事業を買収

2018年12月17日

本日、日立製作所がABB 送配電事業を8,000億円で買収すると発表した。その、発表に立ち会ったのは、もちろん日立製作所会長で経団連会長の中西宏明さんである。私は、中西さんから、これまで何回も日本の電力送配電に関する熱い思いを聞いていたので「中西さん、とうとうやり遂げたな」と、今日の発表を聞いて改めて大きな感銘を受けた。このABBの送配電事業買収は、単なる日立の事業分野の拡張に止まらない中西さんの熱い思い入れがある。

今、メディアに取りざたされている英国の原発事業について、これから中西さんが、どのような決断を下されるのか私には全く思いも及ばない。それは、とりあえず置いておいて、中西さんの強い思い入れは、理想的な発電形態とは一箇所で大規模で発電する集中型ではなく多くの場所で中小規模で発電する分散型だということである。災害大国日本では分散型によるリスク回避は極めて重要な課題である。もちろん、この中小規模発電の中には太陽光や風力、地熱や小水力発電も含まれる他、ビル・ゲーツが推奨する冷蔵庫大の密閉型原子力発電炉も含まれるだろう。

ところが、今、日本では太陽光、風力発電などの再生可能エネルギーを用いた発電に関して、既存の電力網との接続が大きな問題になっている。もともと、日本の9電力会社は、極めて高品質の電力を提供するだけでなく、その地域が必要とする電力需要に対して、全く問題が生じないよう十分に余裕がある発電能力を備えている。従って、電力会社相互間の電力融通も極めて限られた範囲にとどまっており、しかも融通に関しても、相手の電力品質に関しては疑いもなく高品質なものであり、特別な措置は全く必要がなかった。

ところが、欧州では、国境を越えて、お互いに電力融通をするのは日常的なことであるものの、融通を受ける相手方からの電力品質に関しては全く信用のおけないものとして考えていた。つまり、供給される電力の品質は、電圧もさることながら、周波数が極めていい加減なものであり、これが実は大問題だった。日本では、相手方の電力品質を信用した他励式と呼ばれる変圧器で電力融通を受けるのが一般的だったが、欧州では、そんなやり方では全くうまく行かない。

つまり、欧州では自励式と呼ばれる方式で、周波数について全く信用できない相手方から受けた電力を一度、直流に変換して直流送電するのである。その後、然るべき変換を行い、自国の送電網に適合する交流に変換するという手順を踏む。だから、欧州の送配電網は、電圧も周波数も、全くいい加減な風力や小水力、太陽光発電と言った再生可能エネルギーを受け入れる耐力が極めて強い。この仕組みは、今後、地球温暖化を防ぐための再生可能エネルギーによる発電比率が増大する時代には必須の要件である。

日本のメディアは、再生可能エネルギーによる発電拡大を褒めそやすが、現状の日本の送配電網と再生可能エネルギー発電とは極めて相性が悪い。規模が小さい間は全く問題ないが、再生可能エネルギーの発電比率が大きくなるに連れて問題はより深刻になる。つまり、日本の送配電網は再生可能エネルギー発電時代に向けて基本から抜本的に作り直さなければならない。そうした意識がメディアにも政府にも経済界にも全く欠けている。

さらに大きな問題は、日本の送配電網を抜本的に作り直すにしても、その自励式変換、直流送電に伴う基礎技術が、今の日本企業には全く存在しない。中西さんは、日本の送配電網を作り直すには、誰かが欧州の自励式技術を導入するしかないのだと言う。それが、まさに、今回の日立製作所によるABBの送配電事業の買収につながっている。

これまで日本は道路網について巨額の資本投資を行い、それに見合う成果を挙げてきた。しかし、これからの日本にとって重要なインフラ投資は道路よりも送配電網の拡充ではないかと中西さんは言う。それが、今回の日立のABBの送配電事業の買収につながっている。問題は、政官含めて、中西さんと同じ問題意識を、どこまで共有できるかにある。どうか、政官一体となって、今回の日立によるABBの送配電事業の買収を、ぜひ日本の将来に活かして欲しいと私は思う。