371 光り輝く女性たちの物語(17)

2017年8月3日

今回、ご紹介する、中島惠美さんの光り輝く半生を語るためには、まず惠美さんの身体の中に組み込まれた貴重なDNAから紹介しなくてはならない。

惠美さんの祖父である三浦文夫氏は、新聞記者より外交官試験を突破し入省。在スペイン日本大使館の一等書記官として赴任中、外務省の諜報組織「東(TO)機関」の中心人物に抜擢された。真珠湾攻撃以降、殆どの在外公館が閉鎖に追い込まれて、日本の外務省に海外の情報が何も入ってこなくなっていった。そこで、外務省は、当時中立国であったスペインに「東機関」というスパイ組織を作った。東(TO)は盗(TO)の隠語であったとも言われている。

米国内に潜入している日本のスパイは、入手した機密情報を、まずメキシコに送る。その情報はメキシコからスペイン語でスペインに送られて「東機関」へと伝えられた。当時のスペインは中立国ではありながら、ナチスドイツと日本に対して親近感を持っていたからだ。この惠美さんの祖父、三浦文夫氏の活躍は素晴らしく、米国の原爆開発計画(マンハッタン計画)の進捗情報を逐次日本へ報告し、近いうちに極めて残酷な大量破壊兵器である原爆が日本へ投下されることを伝えた。しかし、日本軍部は外務省所属の諜報組織である東機関からの、この貴重な情報を抹殺し、結果的に日本を世界で最初の原爆被災国にしてしまった。

幼少期の惠美さんは、長く外交官を務めた文夫氏に見守られて育てられた。惠美さんから見た、お爺様は、日本人離れしたカッコ良い紳士で、とても上品な元外交官であり、太平洋戦争中に大活躍したスパイには全く見えなかったし、文夫氏も、そのことについては家族にも一切話をしなかった。お爺様は、いつも惠美さんに「世界はとっても広いのだから、惠美も世界へ飛び出し見識を深めた方が良い。」と優しく語っていた。

惠美さんを含めて家族が、お爺さんである文夫氏の活躍を知るのは、1982年9月20日に、NHK特集「私は日本のスパイだった──秘密諜報員ベラスコ」が放映されてからである。この番組は「昭和57年度芸術祭大賞」「第15回テレビ大賞 優秀番組賞」「第22回日本テレビ技術賞」を受賞し、現在は「NHK特集名作100選」に選ばれていて、この番組の中でも、文夫氏の活躍が多く語られている。その文夫氏は、戦後無事日本に帰国し、中南米の大使を歴任。82歳になるまで名だたる商社の顧問として仕事をしたという。

さて、次に登場するのは、文夫氏の息子で、惠美さんの父である三浦朗氏である。文夫氏には二人の息子がいて、長男は外交官の息子らしくエリートサラリーマンとして大手商事会社に就職し、ニューヨーク勤務となるが、激務のため体調を壊し、日本に帰国すると間も無く、まだ若くして夭逝したのだった。次男である朗氏は、幼少期を中米で過ごしたことも影響したのか、外交官の文夫氏や商社マンの長男とは全く異なる前衛的な芸術家としての人生を歩むことになった。

朗氏は、アクション映画の日活がテレビの登場で経営難に陥った時、助監督から転身。あの一世を風靡した日活ロマンポルノのプロデューサーとして、日活のV字回復を支えた。漫画を実写化し、公開オーディションで話題になった「嗚呼!花の応援団」や連城三紀彦氏原作「恋文」など生涯100本を超える映画を世に出している。朗氏は、まだ幼い惠美さんを撮影現場にも連れて行ったため、惠美さんは女優・俳優・監督・脚本家などクリエイターから感性の刺激を受けたという。いつも尊敬し慕っていた父だった朗氏を、惠美さんは、大学卒業直後の23歳の時に病で失ってしまう。

お父さん子だった、惠美さんは、やはり「お父さん」が欲しかった。立教大学法学部を卒業後、服部セイコーに就職し、充実した人生を送っていたが、大学時代に同級生だった男性と25歳で、突然できちゃった結婚、華やかなOL生活を終える。惠美さんは、この優しい同級生に「お父さん」を見出したからだ。そして、お腹の子供と一緒に、ご主人の米国留学に付き合うことにした。米国で二人目の子供も授かった惠美さんの新婚生活は、つましいながらも子育てを楽しんでいたという。その幸せがある日突然、想像だにしなかった展開を迎える。

心根の優しいご惠美さんの主人は、子供達にとっても、惠美さんにとっても、あくまで「優しい父親」であり、素晴らしい永遠のパートナーだった。しかし、その優しさが災いしてか、ご主人はビジネス戦士とは程遠い人物で、帰国後就職した日本企業をある日突然退職した。魂を削って家族のために勤務していたご主人は、企業戦士として向いていないと理解していた惠美さんは、それを受け入れ、働きに出ることにした。21年前のことである。ご主人はそれ以来、二人の子供を立派に育て上げ、今でも家庭をしっかり守っている主夫であり続けている。惠美さんは今でも、このご主人に対しては、いくら感謝しても仕切れないという。

惠美さんはこれ以来、一家を担う大黒柱として必要な収入の道を見出さなくてはならなくなった。まず、惠美さんは、得意なアートセンスを活かしてテキスタイルデザイナーとして、デザインを製作し売り歩いたが、それではとても一家の生活を賄うことは出来なかった。デザイン事務所の社長の紹介で惠美さんが出会ったのは、女性なら誰でも憧れるイタリアインポートのウエディングドレスの存在だった。

そこで、惠美さんはパートとして働き始めたが、マネージメント力と語学力を買われマネージャー兼バイヤーとして活躍してゆく。大好きなドレスと目の前の花嫁が美しく、そして幸せに輝く様をプロデュースすることに大いにのめり込んだそうだ。だが、家族経営の多いこの業界で、雇われの身での経営に限界を感じた惠美さんは、出資者を募って、仲間の女性4人と共にウエディングドレスの会社・アクア・グラツィエを立ち上げた。惠美さんは雇われ社長として経営の前線にたった。

まず、惠美さんは、ブライダルビジネス拡販プロモーションのために、当時新人だった深田恭子さんにどうしてもファッションショーに出演してほしいとホリプロを口説き落とした。これがきっかけで、マスコミに取り上げられるようになって行ったのだ。マーケッティング活動のために、惠美さんはブライダルのファッションショーを毎年企画し、釈由美子さん、デビュー間もない石原さとみさんや香椎由宇さん、石川亜沙美さんと毎年脚光を浴びることとなる。

さらに、当時ブライダルビジネスは、一般的に結婚式場に数千万円の保証金を納めて仕事を貰うのが通例であったが、惠美さんは、その保証金を払わずに、顧客から直接注文をとり、結婚式場にはバックマージンを支払う方式をとった。また、顧客志向の薄い当時の衣装屋はレンタル回数がとても多く、コンディションが非常に良くなかったことにアンチテーゼを示し、レンタル3回までという制度や、RFIDでのドレス管理、Ipadでの接客受注など「業界初」企画をどんどん推し進めた。

こうして、ブライダル業界で確固たる地位を得ると、どんどん協力者も増えた。大きなフィールドへチャレンジするため、日本最大のブライダル企業に、事業売却し、自身も、その傘下で活躍する道を選ぶことにした。この選択から、押切もえさんや蛯原友里さんとコラボする機会を得ると、全国区のビジネスへと拡大していく。さらに、惠美さんは、ドレスだけでは花嫁は美しくならないと事業領域を拡大する。ヘアメイク、エステサロン、写真・映像、チャペル音楽事務所、パーティープロデュースなど、ウエディングコンテンツをワンストップでできる企業へ育てて行ったのだ。

このようなビジネスモデルは、海外には存在しない。そこで、親会社のトップより、新しい海外拠点を立ち上げるため、シンガポールへ赴任するよう白羽の矢が立った。いつでも「運命を受け入れる」ことでチャンスを掴んで来た惠美さんは、単身赴任の道を選ぶ。シンガポールなどに住む、アジアの富裕層が結婚式に散財する費用は、日本の数倍であり、この地で、本当に豪華絢爛なブライダル事業を運営することができた。しかし、ここで惠美さんは、人の本当の美しさは、「若さと健康」の維持から生まれるものではないかという新たな気づきに遭遇する。

そこで惠美さんは、ブライダル企業を退職し、日本に戻りRIZAPを運営する健康コーポレーションに転職する。RIZAPでは、新規事業を任され、イメージコンサルティング・写真スタジオ・オーダースーツなどを担当する。つまり、食事制限と筋肉トレーニングで苦しみながら望む体型を勝ち得た人が、新たに、どのような衣装を纏い、どのように自身を見せたいのかという希望に応える仕事である。我慢と辛抱を耐えて勝ち得た理想の体型を、その金字塔として讃える記念写真を綺麗に撮るということは、何物にも変えがたい大きな価値がある。

このRIZAPでも惠美さんは、本当にやりがいのある仕事に巡り会えた。しかし、RIZAPは、あまりにも若い会社であった。中年から壮年に向かう自分の位置付けを難しいと感じていた時に、仕事に邁進して来た自分の日々を省みて、家族と向き合う時間を取ることを選んだ。家族と向き合い、自分と向き合う中、惠美さんは、またしても転職を決意する。二人の子供も、ご主人のおかげで、無事大学を卒業し、立派な社会人にもなった。いよいよ惠美さんは、本当に自分がライフワークとして同年代の女性を応援できる仕事をしたいと決意し、あのスポーツ小売最大手Alpenのフィットネス事業部長に着任し、次の新たな人生を見出した。

惠美さんは、ちょうど50歳を迎える自身を振り返り、夫には本当に感謝していると言う。夫がお金を稼いで、妻が家を守るという人生もよしなら、その逆があっても良いではないか。しかし、そう考えて、それをよしとする夫や家族の存在は、今の日本では稀有である。自分の夫は、その意味で偉いし、自分は心から尊敬できる。今、改めて考えてみると、自分は、家を守るより、外に出てお金を稼ぐ方が向いていたと思う。それを許してくれた、夫には、言葉では言い尽くせない感謝があると惠美さんは言う。惠美さんは、本当に、これまでも、そして、今も、強く美しく輝いている女性の一人である。

370 日本・EU EPA 大筋合意 

2017年7月6日

昨日、ブリュッセルにて岸田外務大臣とEUのマルムストローム委員(通商担当)との閣僚交渉で大筋合意に至ったとの報道を聞き、8年間も、この交渉に関わって来た私は、言葉では表せないほどの感銘を覚えた。思えば、私が、この日・EU EPA交渉に関わったのは、この交渉を円滑に進めるための日本とEUとの官民合同会議である日・EUビジネス円卓会議(ラウンドテーブル)のプリンシパルに就任したことからである。この会議は、毎年、日本と欧州で交互に開催され、時期は、双方の首脳会議が開かれる直前に開催され、会議の結果を両首脳に手交するというセレモニーも含まれていた。

この「日・EUビジネスラウンドテーブル(以下BRTと略す)」は、私が参加する何年も前から開かれていたが、双方の主張には大きな隔たりがあり、その交渉は全く進展しないままだった。私が、最初に参加した「日・EU BRT」は、丁度、第一次安部内閣発足の時で、2007年6月ドイツ、ハイリゲンダムG8サミットの直前にベルリンで開催された。初めて参加した私には、この会議が何のために行われていて、皆が何を話しているのか、さっぱり理解できなかった。元々、日本側のEUに対する、一番大きな期待は、家電製品14%、自動車10%というEUが日本製品にかけている関税を撤廃してもらうことだった。

当時も、今も、EUはドイツによって仕切られていて、この時のBRTのEU側メンバーも殆どドイツ人で、彼らは、日本との関税撤廃を目指した自由貿易交渉には全く反対だった。なぜなら、かつて世界一の輸出国となった日本は、世界の各国に対して、既に、工業製品に対する関税は全て撤廃していたからだ。だから、ドイツにしてみれば、日本との関税交渉は全くメリットがない。そればかりか、ドイツを支える自動車産業を守るためには日本車への10%関税は絶対に譲れないものだったのだ。

従って、ドイツを主体とするBRTのEU側メンバーは、そもそも、この会議はもういい加減に止めようという態度だった。それを日本側は何とか、今後も、このBRTを続けたいという主張を繰り返していた。それでも、EU側は、表向き、自由貿易を標榜している中で、あまり子供染みたことを言うのは恥ずかしいと思ったのか、日本とEUの間で、高度なレベルの経済統合協定(EIA)を議論しようと言う提案をしてきた。EIAとは一体何なのか? 要は、この実態は、数式で表せば、EIA=EPA-FTAである。つまり、関税の議論を全くしないで、非関税障壁だけの議論に集中しようと言う論理である。これって、一体何だ!と日本側は思ったわけだが、どうも、よく読むと、「関税の話を全くしない」とは表向き書いていないので、これ以上の対立を避けて、日・EU BRTを来年以降も継続することを重要視して、とりあえず合意文書を作成した。

当時のEUは、未だ大統領が居なかったので、EUの首脳は加盟各国の輪番制だった。その時の首脳はドイツのメルケル首相だったので、我々BRTは、合意文書を安倍総理とメルケル首相に渡して、無事セレモニーを終えた。そして、このことは実はセレモニー以上の意味があった。翌年のG8サミットが日本の洞爺湖で開催されることが決まって居たので、メルケル首相から翌年のG8サミット主催者である安倍首相に引き継ぐと言う意味もあった。我々は、そのことに大きな期待を持っていて、来年は、ぜひ、安倍首相とともに、EIAからEPAへの議論に進展させたいと言う思いがあった。

ところが、突然の安倍首相の退陣で、洞爺湖G8サミットの主催者は安倍首相から福田首相に交代し、そのためというわけでもないのだろうが、日・EU BRTでの議論は、またもや、さっぱり進展しなくなった。一方、ドイツは、これで、もう日・EU BRTは死に体になったとして身を引き、代わりにフランス人がBRTに主体的に参加してきた。フランスの思惑は、原子力、水、鉄道などフランスが得意とするインフラビジネスを日本に売り込むべく、国や地方自治体が関わる公共調達分野の非関税障壁の撤廃が主目的であった。もちろん、これに対して日本側は真摯に対応をしてきたので、日・EU BRTの雰囲気もずいぶん変わってきた。EUで一人勝ちしてきたドイツの論理が、EUの他の国々の中で支持されなくなってきたことも一因としてあるだろう。

私が、参加してからの8年間で、日本とEU間では、少しずつではあるが、対アメリカ、対中国、対ロシアとの関係において、お互いの共通利益が理解できるようになってきた。同時に、EUが東欧へと大きく拡張していく中で、日本企業が家電製品や自動車を賃金が安い東欧へ進出することになり、日本製品を関税だけでEU市場から排除しようとするドイツの思惑は、うまくいかなくなってきた。EUはEUの中のグローバル化により工業製品分野でドイツ1強という形が崩れてきたからだ。一方で、ドイツ以外のEU各国(フランス、オランダ、イタリア、スペイン)は、日本の農産品関税に焦点を絞ることでEPA交渉に期待をかけてきた。既に関税撤廃を決めた工業製品とは異なり、日本は農産品には高い関税をかけてきたからだ。

日本は、EUとの交渉においても、これまで頑なに農産品の関税引き下げについてドイツの自動車関税以上に強力に交渉を拒んできた。しかし、アメリカとのTPP交渉の中で、日本は農産品に対する一定の覚悟ができたのであろう。この結果、日本とEUの関税交渉において、ようやく双方向的な議論ができるようになったのかも知れない。その意味で、TPP交渉は、EUとのEPA大筋合意に大きく貢献したと思われる。さて、もはや日・EU BRTから引退した私は新聞報道に頼るしかないが、「EUは自動車関税に関して7年後には撤廃の方針」に驚いた。

EUの盟主であり、あの頑ななドイツが、よく7年後に自動車関税の完全撤廃に合意したものだと思う。一つは、日本市場でドイツ車がよく売れていることもあるだろう。私の家の近所では2台に1台はドイツ車である。もはや、ドイツが日本を全面的に敵に回すのは、あまりに大人気ない。廉価版のメルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、Audiは、本当に、今の日本で売れまくっている。長年トヨタ車に乗っていた、私の妻も、先日、とうとうBMWが製造しているミニ・クーパーを発注した。しかし、これらのドイツ車は、よほどの高級車でない限り、南アフリカ製である。今や、南アフリカから日本への輸出産品は、鉄鉱石や金、ダイヤモンドではなく自動車となった。

そして、よく日本の外交交渉能力で非難されるのが、EU・韓国FTA、米韓FTAである。韓国が日本より素早くEUと米国とFTAを締結したのは韓国の外交能力が日本より優れているのだと。しかし、これは、まったく違う。実は、韓国は、EUや米国と前代未聞の屈辱的なFTAを締結させられたのだ。今回の日本・EUのEPAは全く対等な条約である。さらに、決してEUや米国は、FTAについて韓国市場を目指したものではなく、巨大な中国市場へスムースに進出するための便法であるとも言われている。表面的なものだけで、日本の外交能力を批判してはならない。

そして、最後に、私は、今回の交渉合意に対して、次のように懸念している。ドイツは、7年後に自動車はハイブリッドからEVへ全面的にシフトし、自動運転に代表される頭脳の開発へと大きな技術変革が行われていくと考えているのではないか。そして、もう、そこで、ドイツは日本に負けることは絶対にないと強い自信を持っているのかも知れない。

369 北朝鮮のICBM発射実験成功について

2017年7月4日

防衛省の発表によると、本日午前9時39分ごろ、北朝鮮西岸から弾道ミサイルが発射され、およそ40分間飛行して日本海の日本の排他的経済水域内に落下したと推定されるとのこと。そして、本日午後3時30分、北朝鮮はICBMの実験に成功したと発表した。しかし、米軍は、すぐさま、この北朝鮮の発表は誤りで、今回の実験は中距離ミサイルに過ぎないと発表した。

この米軍の発表は、極めて冷静である。万が一、もし米軍が今回の北朝鮮のミサイル実験をICBMと認めたとしたら、トランプ政権は北朝鮮がレッドラインを超えたとして、すぐさま北朝鮮に対して先制攻撃を開始していたかもしれないからだ。その結果、日本は北朝鮮の反撃を受けることは間違いない。この点で、私たちは、米国の冷静な判断に感謝しなければならないだろう。しかし、今回の北朝鮮のミサイル実験は米国の判断が正しかったとしても、彼らが本格的なICBMの実験成功を成し遂げるのに、それほど多くの時間を必要とはしないだろう。

さて、どうして北朝鮮が、これほどのスピードでミサイル開発を成功させることが出来たかについて、我々は認識を新たにしなくてはならない。彼らは、中国からもロシアからも正式な形で技術援助は受けていない。彼らの技術開発の成功理由は、明らかにハッカー技術の成果である。英語の得意なエンジニアの養成と、ハッカー・エンジニアの養成によって北朝鮮は米国の最新ミサイル技術の取得を可能としたのである。北朝鮮は、強力なハッカー技術によって、他国の最新技術を盗むことで開発時間を大幅に節約している。

しかし、そうは言っても、設計図面をアメリカから盗んだとして、部品の調達はどうするのかという深刻な問題は残る。しかし、少なくとも宇宙工学においては、その心配は全くない。宇宙空間は極めて強い放射線にさらされているので、微細加工の最先端の半導体は使えないのだ。さらに、耐衝撃性、耐高温性など考慮すると、宇宙工学の分野では、いわゆる旧世代のローテク技術部品しか使えない。そうした部品は、秋葉原電気街のジャンク屋で簡単に手に入るものである。ハイテク分野の電子部品の輸出規制をしても、彼らは全く困らないのである。

よく考えてみれば、世界最先端の技術を多数保持しているアメリカでさえ、とうとうスペースシャトルの技術を断念した。誰もがご存知のように、現在、宇宙ステーションに人や荷物を運んでいるのはロシアが大昔に開発したソユーズ・ロケットである。そう、宇宙工学は実は恐るべきローテクなのだ。欧州が世界に誇るアリアン・スペースにおいても、コストパフォーマンスで一番優れているのはロシアから技術を買収したソユーズ・シリーズである。あの、スプートニクの系譜をひく、ロシアのソユーズは今でも健在である。

私は、縁があって、中国のハルビン工業大学でイノベーションに関する講演をしたことがある。実は、ハルビン工業大学は中国のロケット技術開発のメッカである。なぜなら、ハルビン工業大学は、冷戦時代に中国とロシアが友好関係にあった時に、ロシアの協力で出来た、中国最初の理系大学であった。ハルビン工業大学のロケット工学は全てロシアから受け継いだものである。私は、講演のお礼として、ハルビン工業大学の宇宙工学開発センターのショールームを見せて頂いた。

この話を、元JAXA理事長であった立川さんにすると、「お前、ハルビン工業大学なんてJAXAの連中は絶対に行けないよ」と羨ましがれるのだが、私のショールームを見た感想はちょっと違う。何しろ、中国が誇るロケットが全て展示されているのだが、どれも粗雑な作りで、精巧なマシンという感じが全くしなかった。私は、日本のロケットは三菱重工業の名古屋工場でちらっと見ただけで、多くを語れないが、ひょっとするとロケット工学というのは、ローテクの塊ではないのかと思われた。だとしたら、ますます北朝鮮の脅威は非常に大きいと言わざるを得ない。

そう、ロケットと言えば、今から30年ほど前に、私は、富士通の仲間と一緒に、フロリダ州のケープ・カナベラルのスペースシャトル発射基地を訪れたことがある。基地に直接は入れないのだが、観光茶屋みたいなところがあり、そこからお金を払ってバスに乗ると、スペースシャトルの発射台の真下まで連れて行ってくれて、間近にスペースシャトルを見ることが出来た。9.11ニューヨク同時テロの前はアメリカも実に大らかだった。あと2週間で発射されるスペースシャトルは、組立工場からレール上を運ばれて発射台に据え付けられていた。当時は、ケープ・カナベラルでは、広大な土地があり、発射台は使い捨てであった。高温で傷んだ発射台を修理するよりは新しい発射台を建設した方が安いと判断したのだろうか。そうした十分な開発費用を使い尽くしたスペースシャトルが役目を終えたこと自体、私は今でも信じられない。

さて、今回の北朝鮮のICBM実験成功のニュースをアメリカの人々は、どのように感じているのだろうか。残念ながら、多くのアメリカ人は、この北朝鮮のICBMについて全く関心を示していない。彼らは、本当に実害を受けるまで、北朝鮮よりも、今は、むしろISの方の関心が高い。ISは、既に、米国本土に深刻なテロを起こしているからだ。しかし、もし、北朝鮮がICBMを成功させ、万が一、米国のどこかの都市を攻撃した場合には、米国は北朝鮮という国家と国民を、この地球上から完全に抹殺していることは多分間違いない。そうならないよう、北朝鮮の自制を心から望みたい。